暴飲暴食を避けるにはストレスを避ける

ストレスを抱える女性

 

世の中ですね、いろんな暴飲暴食を抑える記事がありあますけど、ストレスによる過食とか色々難しいことがかいてあるんですよね。

 

 

たしかに、暴飲暴食をすると太りますし、なにより健康に悪いので抑える方法は大事なんですよね。

 

 

暴飲暴食って言葉は悪いですけど、たしかに「ストレス」をためるのが一番やばいです。

 

 

特に仕事でストレスがあったりすると寝る前にプリン食べたり、チョコ食べたりとそういうのがものすごくたしかにストレス発散になります。

 

 

逆にそういうことを、仕事のストレスがかかった状態でさらに食事制限しようとすると、ほぼ「リバウンド」が来ますね。

 

 

根本的な解決はストレスの原因を絶つこと

ストップの手形

暴飲暴食は生活にストレスがあるからです。

 

 

不思議なことに、平穏なストレスの無い生活をしているとあんまり無理に食べようとは思わなくなりますね。

 

 

これは私の場合なので、万人にそうでないかもしれませんけど、大方の人はそうだと思います。

 

 

仕事の部署が変わって、忙しくなくなったら途端にストレスが無くなってきたことがあります。そうしたら自然と暴飲暴食が無くなってきました。

 

 

ストレスの原因の特定

探偵さん

まず最初にすることは、「ストレス原因の特定」ですね。

 

 

たとえば人間関係ならそのストレスを与える人を特定する。仕事内容ならその仕事に関するストレスを特定します。

 

 

特定ができたらそのストレスから距離を置く方法を考えます。

 

 

ストレス原因から距離を置く

距離を置く

ストレス原因が特定で来たらそのストレスから距離を置く方法を考えます。

 

 

人間関係ならその人と距離を置く。距離を置くことができないなら、なるべく会話数を減らすなどをします。

 

 

仕事なら転職するなどを考えます。なかなか転職はむつかしいですけど、体が健康でありさえすれば思っているほど大変ではないと思います。ずっとそのストレスを抱えながら仕事をするほうが、人生と健康にとって、大きなマイナスになることは間違いないです。

 

 

ストレスから離れると意外と食べないです

 

置き換えダイエットとかで無理して食べないで、置き換えをしていますが、これも悪くはないのですが一番いいのは普段の食事量を減らす(腹6分目くらいにする)ことが大切なんですね。

 

 

ストレスが減ってくると、本当に今までなんだったんだ?というくらいに暴飲暴食が収まります。

 

 

ストレスが減っても暴飲暴食を抑えられない人は・・・うーんこれはかなり深刻なのかもしれません。食べるのが純粋に好き、な人はいます。

 

 

でもね、人間ほんと腹6分目位のほうが体の調子もいいし、普段の生活も疲れにく健康にもいいし、いいことばっかりなんですよね。

 

 

そのため、ストレスを軽減して暴飲暴食はぜひぜひ控えるようにしていきましょう。人生けっこう変わりますよ^^

 

 

 

トップページ