ダイエットのリバウンドはマジよくあります

どんぐりを食べ過ぎのリス

 

 

ダイエットで食事制限をすると、反動で食べ過ぎてしまいますね。

 

 

ちょっと考えてみてください。無理に食べないようにすれば、反動で食べ過ぎるというか食べたくなるのは「当たり前」なんですよ。これい意外と気づいてない人が多いです。

 

 

「いやいや意志の力でなんとかしようよ」といっても「食欲」は人間の三大欲求の一つなので、なかなか抑えるのは相当意志の強い人じゃないとむつかしいですよ。

 

 

ではどうすればいいの???というと結論を言うと

 

 

よく噛んで食べる(30回は噛む)

 

食事は毎回食べるけど、腹6〜7分目にする

 

 

これだけです。もちろん食事のバランスなども重要ですけど、まずその前に「よく噛んで」「腹6〜7分目」くらいにするのが超重要です。

 

 

本当に大事「よく噛む」

噛む女の子

今の食べ物って柔らかいものが多いので、あんまり噛まないでも食べれちゃうんですよね。

 

 

そこが落とし穴なんですけど、人間「噛むこと」で「満腹中枢」が刺激されて、意外と少ない量でも満腹感を感じることができます。

 

 

本当に超重要なので繰り返しますすけど「噛むこと」は過食を予防するにはホント大切です。

 

 

噛んでいると栄養の吸収も良くなりますし、よく噛んでると食事も美味しいですよ。これ大事です。

 

 

食事が美味しく感じることで、食事時間が長くなり、だいたい満腹中枢が働くのは食事をはじめてから10〜15分くらいたってからなんですね。

 

 

10分以内にものすごい量を食べてしまうのが一番やばい食事方法です。

 

 

ちょっと意識して30回以上噛むことで、食事の量をあり方が変わってきます。

 

 

腹6〜7分目の効果

雑穀米

「よく噛んで」食事すると「腹6〜7分目」くらいで充分と感じてきます。

 

 

噛むことで満腹中枢が刺激されると、本当にそんなに大量食べなくても満足できるよになってきます。

 

 

こうなってくるをしめたもので、食べ過ぎによる太りすぎとか無くなってきます。腹6〜7分目だと普通に痩せてきますしね。

 

 

このくらいの量なら人間そんなに太りません。普通に生活しているだけで充分エネルギーを使います。

 

 

そのため、無理な食事量も必要なくなり、生活も安定してきます。こうなると人生自体が楽しくなってきます。

 

 

ダイエットする前に

チェック

ダイエットする前に、まず「よく噛んで」食べてみましょう。無理に食事量を減らしてもあまりいい結果にはなりません。体に無理が生じてストレスがたまり逆にリバウンドするのがオチですからね。

 

それより、よく噛んで腹6〜7分目くらいの食生活をしてみてください。そちらのほうが長期的にはよっぽど痩せちゃいますよ本当に^^

 

 

 

 

トップページ